開業している場所|独立開業したいそんな方でも参入しやすいのが低資金フランチャイズ
メンズ

独立開業したいそんな方でも参入しやすいのが低資金フランチャイズ

開業している場所

メンズ

歯科は過当競争になった歴史があります

歯科の開業医の数はコンビニエンスストアの数を上回っており、過当競争になっています。他の医師と違って勤務医になることが困難であることから開業する人が多いのですが、飽和状態になっています。そのため歯科医が開業する場合にはマーケティングが不可欠です。近隣の競合する歯科医の存在、年齢別の人口などの分析によって安定した患者を確保できることが確認できなければ、開業することには大きなリスクが伴います。交通の便も開業の判断には重要であって、駅からの距離や駐車場の有無も確認しなければなりません。患者が歯科医を選択する時代になっていることは間違いないのです。利便性を考慮してショッピングセンターの中に開業するケースも増加しています。

地域住民に支持されることが重要になります

歯科医が開業して安定的に患者を確保するためには、その地域で評判を得なければなりません。治療の技術のみならず、快適な待合室などの設備も重要です。更には、ホワイトニングや歯並びの矯正のような健康保険対象外の治療も行うことで患者を確保できる場合が少なくありません。一般的な虫歯の治療だけをしている歯科医は地域での人気が低下する可能性があります。もちろん、治療の技術で高い評判を得ていれば、その評判だけで地域の住民が治療に来ることもありますが、若い人を中心に健康保険対象外の治療もニーズが高まっています。また、子供も安心して通院できる環境を整えることが最低限の条件であって、それがなければ親は子供の治療を任せられません。