決済代行を利用|独立開業したいそんな方でも参入しやすいのが低資金フランチャイズ
メンズ

独立開業したいそんな方でも参入しやすいのが低資金フランチャイズ

決済代行を利用

手

決済代行を利用することで得られるメリット

ネットショップで買い物をするとき、オンライン決済手段の6割がクレジットカード決済だそうです。ネットショップを運営するなら、クレジットカード決済はもちろん、コンビニ決済・電子マネー決済などにも対応しておくことで、利用者を増やすことにつながります。決済代行サービスを使わずにこれらの決済手段に対応させようとすれば、クレジットカード決済・コンビニ決済・電子マネー決済などの各決済会社とそれぞれ個別に契約を結ばなければなりません。クレジットカード決済ひとつとっても、VisaやMasterCardなどの各ブランドとそれぞれ契約しなければならず、管理システムもそれぞれ別のものを管理しなければならず、売上の支払日もバラバラになりますので管理が煩雑になります。ところが、決済代行サービスを利用すると、これらの問題を解決できます。具体的には、決済代行会社とだけ契約するだけで、決済代行会社が提供している各決済手段全てが利用できるようになり、1つの管理システムですべての決済方法が管理でき、支払日も1つに統一されます。

決済代行会社のリスクヘッジについて

日常の買物において、代金を支払う買い方と売り方の間に入って、第三者が支払うサービスを決済代行といいます。聞きなれた言葉でいうところのクレジットカードによるクレジット決済がこれに当たります。他にも、携帯電話のキャリア会社を通じてアプリやサービスの購入をした場合も、キャリア会社を通じて支払われるので、広義では決済代行に含まれます。第三者が支払いを立替える理由としては、売買の簡略化、迅速化が上げられます。買物という行動をシームレスに行えることと、手持ちがなくても買い物ができるという利便性を提供することを目的としたサービスです。買い方は、商品やサービスを即時受け取り、売り方は決済代行サービス会社と決めた日に入金されるためリスクはありませんが、決済代行会社は買い方からの金銭の受取りが後回しになる為、買い方から金銭の受け渡しが行われない場合は損失となってしまいます。そうした場合の補てんをサービスとする会社を利用するか、リスクを上乗せしたクレジット利用料を徴収することで、決済代行サービスはリスクヘッジを行っています。